« 9/25 日本一周81日目(甲府) | トップページ | 9/27 日本一周83日目(市川三郷町~長野・塩尻) »

2006年9月27日 (水)

9/26 日本一周82日目(石和温泉)

926 ☆今日の概要☆

・石和温泉共同浴場(温泉銭湯・通算406湯目)

★本日の走行キロ 見てくるの忘れた

☆今日のイチオシ☆

・石和温泉共同浴場



☆今日の詳細☆

午後からまたカランバさんちにお邪魔した。
太宰治やつげ義春の話で盛り上がり、
その後、将棋を2局指した。
結果は1勝1敗。
お互いにミスを連発する、面白い将棋だった。

夕飯もまたごちそうになってしまった。
ありがとうございます☆

夜、カランバさんと石和温泉に行ってみた。
有名どころはやはり押さえておきたい。
共同浴場があるらしいので、そこに行った。

かなり目立たない場所にあった。
何度か来たことがあるというカランバさんも道に迷った。
中華屋さんで道を尋ね、
石和郵便局の近くにあるケーキ屋さんのところの細い路地を入っていくと、
左手にひっそりと佇んでいた。
本当に本当に、地元の人のためのお湯、という感じ。
Img_1940_edited_copy

面白いのは食堂の奥に湯船があるところ。
中に入ると、感じの良い笑顔をするおばさんが迎えてくれた。
料金は380円。
銭湯と同じ料金であろう。

洗い場の奥に二人くらいずつ入れる湯船が3つ並んでいた。
壁には、満開の桜と逆さ富士が描かれていた。

泉質はアルカリ性単純温泉。
薄く黄色が付いているような感じだが、透明だ。
ツルツル感があった。
湯船は向かっていちばん左が、スタンダードな内湯。
真ん中が電気風呂(少しだけ入ったが、恐いくらいにビリビリだった)。
右端は、かなりぬるい温泉が入っていた。

甲府にはこういう感じの温泉銭湯が点在しているらしい。
そういう点では、青森に似ているなと思った。
かの地も温泉銭湯が実に多いのだ。
うらやましい話である。

お風呂上り、りんごジュースを飲んで、
さあ帰りますか、と思っていたら、
「あらっ、珍しい、木の湯桶なんて持って歩いてるの?」と、
食堂の隅のテーブルに座ったおばさんたちから声を掛けられた。
お酒を飲んで、陽気になっている様子だった。
「ええ、そうなんです。マイ湯桶なんですよ」と言った。
カランバさんが、
「今、日本一周の途中で、こっちに来てるんです」と言うと、
おばさんたちは色めき立ち、
「どこから来たの?これからどこへ行くの?
 今日はどこに泊まるの?」と矢継ぎ早に訪ねてきた。

笑顔の素敵な共同浴場の女将さんが、
「ちょっと待ってね、今、ぶどう洗ってあげるから持って行きなさい」
と席を立ち、厨房でサッサと水洗いして、僕に渡してくれた。
まさかお風呂に入りに来て、ぶどうを頂けるとは思わなかった。

「それからね、ここの温泉は飲めるのよ。
源泉を冷やして、それでお酒を割って飲んだりするの。
 空のペットボトルはある? 良かったら温泉も持って行きなさい」
とも言ってくれた。

うれしくなってペットボトルを取りに車に戻ろうとすると、
「はむちゃん、カメラも一緒に持っといで。
 みんなと写真撮ってあげるから」とカランバさんが言った。

急いで車に戻り、ペットボトルとカメラを、がさごそと探しつつ、
「俺、何か幸せな旅をしてるよなぁ」
すごくうれしくなった。
うれしくて、どこかくすぐったくて、胸がワクワクした。
温泉みたいにあったかい人情に触れられて、良い旅だなぁ、と思った。

急ぎ、食堂に戻り、
おばさんたちと一緒にパチリ。
Img_1941_edited_copy
その後も少し旅の話をして、
ぶどうと温泉のお礼を言って、お店から出た。

「今まででいちばん良い写真になったんじゃない?」
と、写したカランバさんが満足そうに言った。
僕も心の底から、そう思った。


« 9/25 日本一周81日目(甲府) | トップページ | 9/27 日本一周83日目(市川三郷町~長野・塩尻) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119384/3599562

この記事へのトラックバック一覧です: 9/26 日本一周82日目(石和温泉):

« 9/25 日本一周81日目(甲府) | トップページ | 9/27 日本一周83日目(市川三郷町~長野・塩尻) »