« 11/12(日) 日本一周129日目(徳島) | トップページ | 11/14(火) 日本一周131日目(日和佐~高知) »

2006年11月18日 (土)

11/13(月)  日本一周130日目(徳島~日和佐)

1113 ☆今日の概要☆

・徳島中華そば「ふく利」
・月ヶ谷温泉「月の宿」(通算446湯目)

★本日の走行キロ 131キロ

☆今日の詳細☆

お腹の調子以外は、ほぼ完調した。
ホテルを出て、仕事をしているうち、
何度か腹痛に見舞われ、そのたびにトイレに入った。

そんな状況にもかかわらず、
僕が昼に食べたのは、徳島ラーメン。
「ここまで来て、ご当地ラーメンを諦められるか!」
という、かなりやけくそな気持ちで、
体なんてどうにでもなれいという感じで、ラーメンを食べに行った。

徳島中華そば「ふく利」というお店。
市内、北島という場所にある。

お土産ラーメンも売っていて、
もしおいしければいくつか買って、
これまでお世話になった人たちにお送りしようと思っていた。

徳島ラーメンはどうやら量が少ないらしい、というのを
前回の「東大」で学習したので、
今回は玉子&肉入り大盛を選んだ。
700円だったかな。
正確な値段は忘れた。

開店してすぐに入ったのだけど、
すでに数組のお客さんがいた。
地元では人気店らしい。

出てきたのは、
麺の上をチャーシューが取り囲み、
生玉子を落としたもの。
Img_2795
白身は除いて、黄身だけだった。
味玉でないあたりが、徳島のオリジナリティで
僕は面白いと思った。
味的にはやっぱり味玉の方が好きなんだけど。
チャーシューは喜多方ほど多くはないが、
まぁチャーシューメンとしては及第。

実は味としては、あまり印象に残ってない。
何となく、豚骨醤油の和歌山ラーメンっぽかった気が。
ラーメン二郎を食べた時のような、
思わずガッツポーズを取りたくなるような激しいうまさはないが、
決して、残したくなるようなまずいラーメンでもなかった。
それなりに満足して食べて、
5段階で言えば4あたりにランクするような
いわば優等生的なラーメンだった。

昼、徳島を南下するにあたり、
ひとつ思い出したことがあった。
新潟の蓮華温泉で徳島のおっちゃんから聞いた「美人の里」のことだ。
里の女性全員が美人なのだという。
その名も「月ヶ谷」。
地名から連想するイメージでは、
何となく色白でスラリとした美人がいそうな雰囲気がある。

国道55号を阿南市の手前あたりで西へ外れ、
県道16号線をずっと進んだ。
このあたりは遍路さんが通る「へんろみち」になっていて、
Img_2797
お遍路さんが一人で歩いているのを5,6回くらいは見た。
途中、ひとつだけ「美人の里」という看板を見つ けた。
Img_2801
その里に入ってから、若い女性は一人も見かけなかった。
月ヶ谷の温泉に到着してからもどこにも若い女性はおらず、
元・美人だったかもしれないおばあちゃんたちが数人連れ立って、
温泉「月の宿」の館内に消えていった。
Img_2802

まぁいいや、とりあえず温泉に入ろう。
入浴料500円を払って中に入る。
浴室は隔日での男女入れ替え制で、
今ネットを見たら、2階のお風呂の方が明らかに良い。
僕が入った時には1階の何ということもない大浴場だった。
泉質は「単純硫黄冷鉱泉」とのことだったが、
特にこれといって温泉らしさは感じなかった。

結局、施設内を見ても若い女性は見当たらず、
月ヶ谷では誰一人として美人と遭遇しなかった。
これではガゼネタかどうかさえ判断がつかないではないか。
まぁいいか、温泉にも入れたし。

夕方、9月にインドから帰ってきて以来、
あまり元気がないという宮城のSさんに電話をしてみた。
僕も4月にインドの21日間コースに参加し、
多少なりともコース中の苦しさは知っているつもりなので、
何か相談に乗ってあげられるかもしれないと思ったのだ。
Sさんは思っていたよりも元気があって、安心した。
まさか僕から電話があるとは考えてもいなかったようで、
うれしがってくれた。
10分程度の電話だったが、ずいぶん元気になってくれたみたいで良かった。

※インドの21日間コースっていうのは、
 あちらの聖者「カルキ・バガヴァン」という人のところへ行って、
 21日間のセミナーを受けるというもの。
 まぁジャンル的にはスピリチュアルに属するもので、
 日本一周ブログとは特に関係が無いので、
 ほとんど注釈を加えずにほったらかしている。
 分かる人だけ分かればいいやという感じで書いている。
 ちなみに、たびたび日記に出てくる「ディクシャ」という単語も、インド関連の単語。

夜、阿南市あたりの国道55号沿いの中華屋に入った。
五目焼きそばを食べたく思っていたのだ。
メニューを見ると「焼きそば」しかなく、
わざわざ店員を呼んで「これは五目焼きそばですか?」と尋ねたのに、
「そうです」と言われて出てきたものは、単なるソース焼きそばで、落胆した。
西の方は、あまり五目焼きそばが無いのだろうか。
やってるお店を探すのにかなり苦労するんだけど…。

この日は早々に道の駅に入り、
日記の更新、仕事などに勤しんだ。
病み上がりでホテルに泊まりたかったが、
ネットも繋げない上、素泊まりにしては高額の宿しかなかったので諦めた。
「道の駅・日和佐」というきれいな施設で車中泊した。
ライトアップされた日和佐城、
お遍路札所の薬王寺に囲まれた、良い道の駅だった。


« 11/12(日) 日本一周129日目(徳島) | トップページ | 11/14(火) 日本一周131日目(日和佐~高知) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119384/4228652

この記事へのトラックバック一覧です: 11/13(月)  日本一周130日目(徳島~日和佐):

« 11/12(日) 日本一周129日目(徳島) | トップページ | 11/14(火) 日本一周131日目(日和佐~高知) »