« 11/4 日本一周121日目(能勢~箕面) | トップページ | 11/6 日本一周123日目(大阪・箕面~香川・高松) »

2006年11月 7日 (火)

11/5 日本一周122日目(箕面)

115 ☆今日の概要☆

・箕面ディクシャ会(2日目)

★本日の走行キロ 0キロ(箕面連泊のため)

☆今日の詳細☆

昨日に引き続き、大阪・箕面でディクシャ会。
この日は朝から高知に住むインド4月組の結婚式があり、
みんなで祝福のディクシャを贈った。

Mさんという50代の人だ。
Mさんはインドの聖者「カルキ」の奥さん「アンマ」に、
良いお嫁さんとお子さんを授けてくれるようにお願いしたらしい。
帰国後ほどなく、恋人が出来、お子さんも授かり、この日の結婚に至った。
この間、わずか半年。
しかも驚いたことに奥さんは20代の方だという。
その年の差にも驚かされた。
現世的な願いを何でも叶えてくれるというアンマ、恐るべしである。
Mさんはさぞかしうれしいに違いない。
Mさん、本当におめでとうございます☆
アンマさん、その調子で僕のお願い事もよろしく頼みます。

※ちなみに僕のお願い事とは、
 この日本一周旅行記が本になって、それが売れて、
 今後もの書きとして裕福に生きていけますようにという、
 大雑把に言えばそんな感じのお願い事である※

この日もシャブトさんが虚鐸に太鼓に大活躍。
僕も何故かこの日はステージに上がった。
参加者の方が自作の歌を歌うとき、
パーカッションで参加したのだ。
練習の時にテキトーにパーカッションで遊んでいたら、
「じゃあ、君はそれで参加ね」と言われてしまったのである。
見よう見まねで適当に打ち鳴らし、何かとっても楽しかった。
太鼓を叩いたのなんて初めてで、
リズムにはあんまり合ってなかったと思うけどw
こんなことなら、甲府のカランバさんに少し習っておけば良かったw

いづかさんもいろんな人にヒーリングしたり、
何度も冗談で場を沸かせたりして、大活躍だった。
箕面ディクシャ会には今後、毎回参加しそうな勢いだった。
みんなで協力して、どんどんディクシャ会を盛り上げてってください。

夜は昨日と同じ居酒屋で懇親会。
いづかさんが参加者のお子さん3人に遊ばれて、
大変そうだったけどかなり楽しそうだった。

「はしめぐ」さんという気さくな店員さんがいて、
みんなに大人気だった。
2日目なのでこちらもだんだん慣れてきて、
いづかさんたちに結構遊ばれていた。

高松の出身らしく、
はしめぐさんオススメの讃岐うどん屋を教えてもらった。
「国分寺のとびざる」というお店だ。
どんなお店か、高松にいるうちに、
ぜひ訪れてみたいと思っている。


« 11/4 日本一周121日目(能勢~箕面) | トップページ | 11/6 日本一周123日目(大阪・箕面~香川・高松) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119384/4107146

この記事へのトラックバック一覧です: 11/5 日本一周122日目(箕面):

« 11/4 日本一周121日目(能勢~箕面) | トップページ | 11/6 日本一周123日目(大阪・箕面~香川・高松) »