« 11/25 日本一周142日目(讃岐~かずら橋~祖谷温泉~新居浜) | トップページ | 11/27 日本一周144日目(高松市) »

2006年12月 4日 (月)

11/26 日本一周143日目(新居浜~大三島~高松)

1126 ☆今日の概要☆

・本谷温泉館(通算455湯目)
・今治「お食事処たつ」(カツラーメン)
・大三島「大山祇神社(おおやまずみじんじゃ)・宝物館」
・「マーレ グラッシア」にて海水風呂

★本日の走行キロ 108キロ

☆今日のオススメ☆

・今治「お食事処たつ」(カツラーメン)
・大三島「大山祇神社・宝物館」
・「マーレグラッシア」

☆今日の詳細☆

うかい氏宅でゆっくり9時頃起きて、
ダラダラと用意をし、昼少し前に出た。
今日もうかい氏リードのツアー。
僕は流れに任せているだけだ。
運転しないというのも、たまには良い。
のんびり景色を眺められるし、いつ眠ってもいいw

初めに連れて行かれたのは、
東予市にある本谷温泉。
着いた頃には雨が降っていた。

入浴料金300円で、本館、別館の2つの内湯に入れる。
はじめ、露天付の別館の方に行ったが、
僕的には、本館の木風呂の方が好み。
何度も書くけど、僕は内湯派なのである。
露天のあるなしは気にしない。
木風呂では、湯舟の縁に横になったおっさんが3人もいた。
うちひとりは相当なジイさんで、
あまりに生気がないので、不安になった。
もちろん生きてたんだけど・・・。

そういえば道後温泉本館では、ひとつだけ残念な風景を見た。
誰にも邪魔にならなそうな隅っこで寝転がっていたおじさんが
係の人に「困るので起きてください」と注意されていたのだ。
僕は、温泉は誰の迷惑にもならなければ、
好きに入って良いと思っている。
最低限のことさえ守っていれば、
あとは自分のいちばんリラックスできるスタイルで入ってればいいのだ。
それこそ、温泉や湯治のあるべき姿だと思う。
道後温泉本館のような有名な共同湯になると、
そうも言ってられなくなるのだろうか。
洗い場で痰やツバを吐かれたりするより、よほど良いと思うのだけど。

本谷温泉に話を戻す。
泉質はアルカリ性の冷鉱泉」で、
顕著に温泉らしさを感じられるお湯ではない。
単純温泉に限りなく近い冷鉱泉、という気がした。

昼食は今治で噂になっているという
「お食事処たつ」のカツラーメン、800円。
Img_3172
見た目重厚な感じがするが、スープがあっさりしていて、
意外に容易に完食できる。
女の子でもさほど苦戦しないのではないか。
今治に住んでたら、たまに通ったかもしれない。

雨の降る中、今治から高速に乗り、「しまなみ街道」へ。
瀬戸内に浮かぶ島のひとつ、大三島を目指した。
食後の助手席は伝わってくる振動も心地よく、
大山祇神社に着くまでの間、僕は何度も眠ってしまった。
長旅の疲れを、最近いろんなところで感じるようになってきた。

神社に着いても、雨。
うかい氏に折り畳み傘を借りて、参拝した。
この神社に併設されている宝物館には、
国宝ならびに重要文化財に指定されている武具類の8割が揃っているらしい。
武器マニア(マニアってほどでもないけど)としては、ぜひ見たいと思った。
入場料1000円はちょっと高すぎると思ったが、
たしかに武具類の数は多かった。

主に平安末~南北朝あたりまでの武具が多かった。
中でも鎌倉期が出色で、
本当かどうか知らないが、
武蔵坊弁慶や源義経奉納の薙刀や、義経の鎧などもあった。
重要文化財に指定されているくらいなのだから、本物なのだろう。
鎧ばかりが通路の両側にズラリと飾られているフロアは、
さすがに異様な雰囲気に満ちていた。
大昔の怨念やら何やら重々しいものが残っていそうで怖かった。

国宝館に隣接した海事博物館にも行ってみた。
僕はあまり興味がなかったのだが、
ここで物凄いものを見た。
「がんぎえい」である。
061126_16130001

これ、青森沿岸の海で取れるらしいが、
どう見ても、宇宙人のミイラである。
しかも尻尾まで生えているではないか。
青森で漁師をやってて、こんなもんが水揚げされたら
俺なら絶対「ヒィィィッ!」っつって気絶する。
こいつ、いったい何者なんだ。
ネットで「がんぎえい」を調べても、
似ても似つかぬエイが出てくるだけで、
こんな宇宙人のミイラみたいなのは一切出てこない。
館内は撮影禁止となっていたが、
あまりの奇怪さに思わずケータイで撮ってしまった。
誰か、「がんぎえい」について詳しい人がいたら、
分かりやすく教えてくださいm(__)m

大三島の最後に「マーレ グラッシア」というところで、
海水風呂に入った。
温泉ではないようだが、海水をそのまま温めたお風呂も珍しい。
ひと口飲んでみると強烈な味がした。
当たり前である。

日帰り入浴施設としての設備は大抵揃っているようであった。
展望風呂からほんの少し、瀬戸内海が覗けた。

海水風呂は上がった後、少しベタついた。
これも当たり前か。
温泉あがりに体を流す習慣がないため、
そのまま浴室から出てしまい、
腕の辺りにしばらくベタつきを感じていた。
それほどひどいものでもなかったけど。

高松のホテルを予約していたため、
夜7時頃にはうかい氏宅に戻った。
2匹のゴロジロウたちとの別れを惜しんだ後、
うかい氏の落語(時そば)を一席拝聴し、彼の家を出た。
15年振りの再会にも関わらず、4日も親切な歓待を受けた。
うかいくん、ありがとうございました☆
今度は仙台で会おう!

ちなみにこれがゴロジロウたちの写真☆

Img_3173 ←人懐こい、あずきくん。

Img_3185 ←ベッドでのみ人懐こくなる、かなたちゃん。


« 11/25 日本一周142日目(讃岐~かずら橋~祖谷温泉~新居浜) | トップページ | 11/27 日本一周144日目(高松市) »

コメント

おねいちん。
こっちでは初めまして☆
いつもありがとねん♪

ニャンコかわいかったよ~(^o^)
うかい氏宅はホント男の部屋だよ。
「まるで竜巻が襲来した後みたいだな」って言ったら、
「これでも頑張って整頓したのに!」
って嘆かれたよww

投稿: はむれっと | 2006年12月 5日 (火) 22時46分

にゃんこカワユス!!
それにしても「男の部屋」って感じだね・・・

投稿: おねいち | 2006年12月 5日 (火) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119384/4430036

この記事へのトラックバック一覧です: 11/26 日本一周143日目(新居浜~大三島~高松):

» 日帰り/日帰り [なるほどキーワード]
日帰りについて悩みを解決するには、まずは日帰りについての正しい知識が必要です。そこで、日帰りについての情報を集めました! 日帰りについて調べて、日帰りに関する悩みを解決しちゃいましょう! 日帰り 関連のアイテム 日帰りで楽しむ風景スケッチ日帰りできる貸...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 4日 (月) 23時54分

» 今治の温泉 [今治バリバリリンク集]
竹庭 竹庭清正の湯  初マッサージ  アロマハウスLea Lea  今治ではないですが、イケメンオーナーがいるアロマショップで、起業の時を知っているので紹介します。  清正の湯 竹庭  夏休み旅行☆一発目 女子大生の気ままなブログ  清正の湯 竹庭 晴れたら出発  竹庭 清正の湯 温泉道中記まじブログ  温泉でまったりー インストラクターMasami  竹庭・清正の湯 クマの店長『キリンより猫が好き』 清正の湯 99年オープン  清正... [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 09時03分

» 道後温泉の泉質・効能 [温泉:道後温泉の旅館を紹介します]
道後温泉の泉質・効能 道後温泉の泉質は単純温泉。 道後温泉の効能の次の通りです。... [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水) 20時38分

» 草津温泉 [温泉・温泉、こんなときは温泉だよね]
草津温泉は日本有数の豊富な湯量と酸性度を誇り、pH値は・・・ [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 22時27分

» 草津温泉湯の花 [草津温泉の旅館@草津温泉大好き主婦のブログ]
草津温泉の湯の花は全国的にも有名な湯の花ですよね。温泉独特のミネラルをたっぷり含んでいる天然入浴剤です。女性にとって美容効果に魅力を感じる人が多いみたい。血行もよくなって、肩こりや脚のむくみなどにも効果があるようで、草津温泉は人気です。“湯の花について”温泉が地表に湧き出したとき、温泉に溶けていた成分の一部が岩石や動植物の作用などにより涌き口や流路に沈殿してたまります。この沈殿してたまった成分を湯の花といいます。温泉には熱く噴出す温泉と、冷たくなってできる鉱泉があります。通常...... [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 23時02分

» 東京の温泉とは? [日帰り温泉情報バンク]
温泉とは?東京都の温泉の特徴は?など、東京の日帰り温泉についての情報をレポートしています。興味のある方は是非お立ち寄りください。 [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 04時02分

» 道後温泉の夜が懐かしい [温泉大好き!@全国温泉ガイド]
道後温泉って聞くと懐かしい響きなんですが、僕が全国の温泉の中で行ったことのある数少ない温泉の一つなんです。今から、2年位前の社員旅行で行ったのですが、その時の印象はあまり覚えてません。(苦笑)社員旅行で連れられていったので、自ら行くのと連れられて行くのでは...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 1日 (月) 12時28分

» 道後温泉旅館 [道後温泉旅館情報]
道後温泉旅館に関する情報をご紹介します。 [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 14時34分

» 日本最古の湯 道後温泉にまつわる神話 [城之崎温泉・昼神温泉・銀山温泉~温泉100選!~]
3000年の歴史を誇る日本最古の湯、道後温泉は、古代は伊予の温泉・熟田津の温泉と言われていました。日本各地の温泉場には由来にまつわる様々な伝説が残されています。道後温泉にまつわる伝説は白鷺伝説と言われるもので、昔、足を痛めた一羽の白鷺が岩間から湧き出る温...... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 20時38分

« 11/25 日本一周142日目(讃岐~かずら橋~祖谷温泉~新居浜) | トップページ | 11/27 日本一周144日目(高松市) »