« 12/13 日本一周160日目(別府温泉郷) | トップページ | 12/15 日本一周162日目(別府~由布院) »

2006年12月16日 (土)

12/14 日本一周161日目(別府鉄輪・柴石温泉)

1214 ☆今日の概要☆

・鉄輪温泉「神和苑」(通算479湯目)
・鉄輪「円居(まどい)」にてハンバーグランチ
・別府地獄めぐり
・柴石温泉(480湯目)

★本日の走行キロ 30キロ

☆今日のオススメ☆

・鉄輪温泉「神和苑」(ブルーで乳白色の露天!)
・「円居」のランチ
・別府地獄めぐり

☆今日の詳細☆

温泉チャンピオンの郡司さんが100点満点を付けたという、
鉄輪温泉「神和苑」から、日本一周161日目はスタートした。

噂にたがわぬブルー+乳白色の露天風呂、
神秘的なまでに綺麗だった。
Img_3789

その露天の隣にもうひとつ露天があるのだが、
こちらはまだ発達段階のブルー色。
だが、透明な中にもうっすらと青色を呈していて、
妖しい美しさがあった。
Img_3790

内湯も同様の色をしていた。
Img_3792

これで「ナトリウム-塩化物泉」というのだから驚く。
いったい何がどうなって、こんな色を魅せるのかというと、
どうやらメタケイ酸という物質が関係しているらしい。

鉄輪に来たら、ここには入ってみた方がいい。
僕も強くオススメする。
入浴料は800円。
内湯が1つ、露天が2つである。

地獄めぐりの前に、ランチを食べた。
鉄輪温泉街で見つけた「円居」というお店。
オシャレだしランチが安いので思わず入った。
ハンバーグにチキン南蛮の付いたランチ頼んだ。
061214_12300001
どちらも上品でソフトな感じの味で、
ここは女性にもオススメできそうなお店だと思った。

時折雨の降る中、別府名物の地獄めぐりをした。
海地獄、坊主地獄、血の池地獄などいろいろあったけど、
いちばん印象に残ったのは海地獄かな。
あんなエメラルドブルーのお湯、
どうしても浸かってみたいという衝動に駆られた。
Img_3815 湯気がなかなか流れず、うまく撮れなかった・・

98℃の熱湯だというが、何とか冷まして、
入れるように出来ないものだろうか。
そう願う観光客はかなり多いと思うのだが。
それとも、泉質的に人が入れるような代物ではないのだろうか。

あと、山地獄も良かった。
ここはちょっとした動物園っぽくなっていて、
僕はカバにジャガイモのえさをあげたり、
ゾウやラマにクッキーのおやつをあげたりした。
Img_3870
僕に向かって大きく口を開くカバ。
小屋の中でひっそりクッキーを待つゾウ。
ラマは僕の手からパクっとクッキーを取っていった。
あの一瞬のラマとの交流。
微笑ましい時間だった。

最後に柴石温泉に入って帰ってきた。
柴石も、別府八湯のひとつ。
内湯が2つと露天風呂、それに蒸し湯もあった。
内湯は熱い湯、ぬるい湯に分れていて、
私見によればそれぞれ、43℃、41℃と感じた。
蒸し湯にちょっと入り、
雨天のため、露天には入らないで出てきた。
お湯は少し鉄っぽい味のする温まるお湯。
好きなタイプの泉質だ。

別府は本当に良いところ。
温泉もバリエーション豊富だし、人も温かい。
このまま定住したくなってしまうくらいに、
ここが好きになった。

年を取ったら、冬の寒さを避けて、
温かい土地に移住したいと思っているけど、
その第一候補が、この別府かもしれないな。
そんな夢が果たして叶うのだろうか。


« 12/13 日本一周160日目(別府温泉郷) | トップページ | 12/15 日本一周162日目(別府~由布院) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119384/4570895

この記事へのトラックバック一覧です: 12/14 日本一周161日目(別府鉄輪・柴石温泉):

» 別府温泉の概要 [温泉:別府温泉の旅館を紹介します]
別府温泉の概要 別府温泉(べっぷおんせん)は大分県別府市(旧国豊後国)にある温泉... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 19時12分

» 温泉:別府温泉の旅館をご紹介!やすらぎの宿 神和苑 [温泉:別府温泉の旅館を紹介します]
庭園内に湧き出す湯は、轟音をとどろかせながら噴き上がる沸騰蒸気泉。不思議なブルーの湯です [続きを読む]

受信: 2006年12月23日 (土) 13時01分

« 12/13 日本一周160日目(別府温泉郷) | トップページ | 12/15 日本一周162日目(別府~由布院) »