« 12/5 日本一周152日目(秋芳洞・秋吉台) | トップページ | 12/7 日本一周154日目(長門市~下関市) »

2006年12月12日 (火)

12/6 日本一周153日目(湯田温泉~萩~長門市)

126 ☆今日の概要☆

萩観光

・道の駅・萩しーまーとにて炙りサーモンとイクラの親子丼
・松陰神社(松下村塾・吉田松陰歴史館)
・萩城下町(木戸孝允旧宅跡など)
・長門湯本温泉「恩湯」(通算463湯目)

★本日の走行キロ 123キロ

☆今日のオススメ☆

・「浜料理がんがん 炙りサーモンとイクラの親子丼」
・松陰神社
・長門湯本温泉「恩湯」

☆今日の詳細☆

終日、萩を観光した日。

昼、腹ごしらえに「道の駅・萩しーまーと」内の
「浜料理がんがん」へ。
ここで、「炙りサーモンとイクラの親子丼」を食べた。
Img_35141
1500円。
これが絶品。
ドラクエで言うところの快心の一撃!である。

萩ではまず、松陰神社を訪れた。
幕末の数多の志士を生み出した吉田松陰が祀られている。
Img_3519
ここには、松下村塾の建物があったり、
蝋人形の吉田松陰歴史館も併設されていた。
Img_3534 ←松下村塾。

松下村塾で物思いに耽りながら佇んでいると、
季節外れにも思える、緑色の鮮やかなカマキリが
僕に向かってまっすぐ近づいてきた。
何となく意味ありげで、写真に撮ってみた。
Img_3526
こいつ、何がしたかったんだろう。
別に何かしたい訳ではなかったのかな。

首をつかんで持ち上げてみたら、
羽を広げ尾を反らし、烈火のごとく怒った。

萩は思っていたよりずっと小さな街だった。
人口も5万人くらいしかいないらしい。

木戸孝允の旧宅や豪商の家を見たりした。
Img_3546 Img_35621


Img_3553 桂小五郎、わずか6歳だか7歳の時の筆。すごすぎ。


取り壊される前の萩城の写真が、誰かの旧宅に残っていた。
5層の立派なお城で、さすがは毛利36万石のお城である。
これが残っていたら、もっと見所の多い街だったろう。

なごみは萩焼のお皿を買ったり、
名産の夏みかん系のお菓子を食べたりして、
かなり満足した様子だった。

山口の名湯、長門湯本温泉に行ってみた。
「恩湯」という名前の、風情溢れる外観の共同浴場。
Img_35771
一度入ってみたかった温泉だ。
料金は140円。

湯船はふたつに分れているが、どちらも温度は同じ。
39℃の源泉をそのまま入れているので、
湯船は結構ぬるめ。
湯口のお湯もぬるい。
泉質はアルカリ性単純温泉で、
硫黄が香って、ツルツルする良い温泉だと思った。

個人的には湯船がふたつあるなら、
ひとつは42℃くらいに加熱してほしいと思うところだが・・・。
最後は熱いお湯に入って、サッと上がるのが好きなのだ。

この日の晩は、長門市のラブホテル「マリンビュー」に宿泊。
詳しくは明日の日記に書くけど、
このホテル、かなりいい感じでした☆


« 12/5 日本一周152日目(秋芳洞・秋吉台) | トップページ | 12/7 日本一周154日目(長門市~下関市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119384/4524435

この記事へのトラックバック一覧です: 12/6 日本一周153日目(湯田温泉~萩~長門市):

« 12/5 日本一周152日目(秋芳洞・秋吉台) | トップページ | 12/7 日本一周154日目(長門市~下関市) »