« 1/6 日本一周184日目(地獄温泉・黒川温泉) | トップページ | 1/8 日本一周186日目(佐賀市~長崎・諫早市) »

2007年1月 7日 (日)

1/7 日本一周185日目(熊本市~佐賀市)

17_1 ☆今日の概要☆

・宮原(みやばる)温泉「元湯」(通算506湯目)
・平山温泉センター(507湯目)
・久留米「大砲ラーメン」
・「天然の湯 あおき温泉」(508湯目)

★本日の走行キロ 112キロ

☆今日のオススメ☆

・宮原温泉「元湯」
・平山温泉センター
・久留米「大砲ラーメン」
・「天然の湯 あおき温泉」

※だいたいいっつも、行ったとこ全部オススメなんだよな…

☆今日の詳細☆

宮原温泉は、熊本市から国道3号線を久留米方面に北上したところにある。
立派な建物の長命館と、鄙びた元湯旅館と2つある。
当然、鄙びた方に入った。
Img_4588
元湯旅館は目立たない湯治宿という感じでひっそりと佇んでいた。
立ち寄りは400円。

浴室の風情が素晴らしい。
教室くらいの広さの浴室の片隅に、2つに分れた湯船がある。
脱衣所と浴室は間続きで、天井も高く開放感がある。
Img_45961
こういうタイプの浴室、僕は大好きだ。

温泉は赤茶けている。
源泉はかなり冷たく、浴用に加温している。
Img_4600
はじめ湯船にはビニールシートが掛けられていたが、
僕が浴室の写真を撮ろうとすると、
「じゃあ、全部取った方がいいね」と言って、
おばさんが外してくれた。
その後、おばさんは湯もみをしてくれた。
良い絵だと思ったので写真に収めてみた。
Img_4594

手前がぬるい湯、奥が熱い湯だった。
熱い湯の方が、湯の華の量が多い。

僕の他には誰も入っておらず、しみじみ良い湯を満喫した。
浴室のところどころに干されたタオルは、
温泉成分ですっかり茶色に変色していて、
それがまた味があって良かった。
Img_4605


平山温泉は国道3号を宮原からさらに北上したところにある。
郡司さんの本を頼りに、「平山温泉センター」に入った。
Img_4606
温泉街の共同浴場といった雰囲気で、料金は150円。
ボンボリ帽子をかぶったおばあちゃんが受付にちょこんと座っていた。
中は地元のおじいちゃんで混んでいた。

お湯は無色透明だが、硫黄泉。
匂いと味がしっかりとして、肌触りがツルツルして良かった。
湯船は3つに分けられており、それぞれ温度が異なった。
洗い場が特に設けられていないのは珍しい造りだと思った。

今日は、僕の旅の典型のような一日。
温泉に入ってラーメン食べて、仕事をやりつつ宿泊地へ。

そういう訳で、ラーメンの名地・久留米へ。
前の職場(つってももう3年も前だけど)で一緒だった
Mさんに聞いた「大砲ラーメン」というお店。
チャーシューメン大盛に煮玉子をトッピングして食べた。
もちろん白濁の豚骨スープだ。
070107_17070001
店内はかなり広いのに、お客さんがいっぱい入って、
人気ぶりを証明していた。
当然僕も、大満足。

佐賀に入る前にもうひとつ、どこか温泉に入ろうと思って温泉本で探すと、
掛け流しで良さそうなところをひとつ見つけた。
「天然の湯 あおき温泉」だ。
予想通り、とても良かった。

ここも地元客で混雑していた。
ごった返していたと言っても過言ではない。
大人気の温泉である。

人気の理由はよく分かる。
泉質が素晴らしく良いのだ。
先の平山温泉以上かと思われるほどにツルツル感があり、
見た目わずかな白濁、匂いは硫黄臭+臭素臭だ。
泉質名は「含硫黄-ナトリウム-塩化物泉」。

湯船は内湯が2つ、露天のほか、サウナ、水風呂とあった。
シャンプー、ボディソープあり、シャワーも完備で、
泉質の良さ、設備も充実して、僕としては完璧な温泉だった。

熱い湯の、あの痛快な熱さ。
43℃くらいで温泉が体に沁み込んでくるのが感じられ、
非常に気持ちが良かった。

久留米から佐賀までは、たった23キロ。
こんなに近いとは予想外で、拍子抜けした。

佐賀市はかなり小さな街だ。
久留米市の方がはるかに大きいと思った。
だいたい街が混雑してないし、
繁華街の少し裏を覗くと、すぐ街灯もまばらになり、
街としての厚みが感じられない。
もちろん、だからといってダメな街だなんて言うつもりはない。
混雑のない街は、快適である。

人口は20万人だという。
20万といえば、盛岡とか福島あたりと同じはずだが。
これだけ街が小さいというのはいったいどういうことなのだろう。
駅から離れたところにもっと大きな繁華街があるのだろうか。

もしかすると、はなわが歌うとおり、ホントに何もないのかも…。
あとでネットで、牛丼の「吉田家」を探してみよう。

今ちょっと佐賀県のHPを見てみたが、
大阪まで500キロあるのに対し、
朝鮮半島までは200キロだという。
すごい話だ。
ずいぶん遠くまで来たんだなぁ、俺。
佐賀、長崎あたりも、
北海道の突端のように、国防に対する意識が高いのだろうか。


« 1/6 日本一周184日目(地獄温泉・黒川温泉) | トップページ | 1/8 日本一周186日目(佐賀市~長崎・諫早市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1/6 日本一周184日目(地獄温泉・黒川温泉) | トップページ | 1/8 日本一周186日目(佐賀市~長崎・諫早市) »