« 1/25 日本一周200日目(厳島神社・錦帯橋・広島市) | トップページ | 1/27 日本一周202日目(尾道~福山~高松) »

2007年2月 1日 (木)

1/26 日本一周201日目(広島~尾道)

126_1 ☆今日の概要☆

・広島城
・平和記念公園
・尾道・坂の街並みを歩く
・尾道ラーメン「朱華園」、「つたふじ」、「みやち」

★本日の走行キロ 105キロ

☆今日のイチオシ☆

・尾道ラーメン「朱華園」

☆今日の詳細☆

広島城には駐車場がなく、どこに停めれば良いか困った。
迷い込んで入った護国神社警備員のおじさんに尋ねたら、
「まだ朝早くて人が少ないから、神社の駐車場に止めて行っておいで」と
言ってくれた。
朝からホッと胸が温かくなる人情を感じて、うれしくなった。
こういう緩さ、大好き。
広島って、いい人多いなぁ。

広島城は国宝として昭和まで残っていたのだが、
原子爆弾によって倒壊、その後昭和33年にコンクリート造りで再建された。
5層5階の見事な天守閣である。
Img_47821
城内は毛利氏の歴史、後を継いだ福島氏、浅野氏の歴史を紹介している他、
数多の刀剣、武具などが展示されていた。

平和記念公園は広島城から歩いて10分ほどのところにある。
ここを訪れるのは2002年以来、5年振りだ。
その時は、山形の某高校の修学旅行添乗員としてやってきた。
26の時に、ほんの数ヶ月だけツアコンをやっていた時期があるのだ。
添乗員という仕事は僕の特性にはまるで合わないものだった。

その修学旅行を最後に、添乗員を辞めると決めていて、
気の重い添乗の、第2日目として訪れたのである。
6月のクソ暑い中、スーツ姿で冷や汗掻きつつの滞在だった。

あれから5年の月日が流れ、同じ場所に立つ。
今度は私服姿である。
立場は、旅人。
しかも日本一周の途中として、である。
あの頃、日本一周なんて夢のまた夢であった。
それがどういう訳かこんな風に実現できているんだから、
人生、生きてみなけりゃ分からないものだ。
それを思えば、今の自分は本当に恵まれている。
有難いものだ。

原爆被害者慰霊のモニュメントに刻まれている言葉が、
重々しく胸に響いてくる。
Img_4793 Img_4795
「安らかにお眠りください。
 過ちはもう繰り返しませぬから」

これは僕は心で聴く言葉だと思った。
コチコチした大人の頭で
いろいろ意味をこねくり回して考える言葉ではない。
子供に戻ったつもりでこの言葉を聴けば、
おのずとその真意が理解できるのではないか。
僕はそう思う。

インドで培った浄化を意識しながら、
モニュメント、原爆ドーム、平和の鐘など、
1時間くらい掛けてゆっくり見て歩いた。
Img_4798
原爆記念館は5年前に仔細に見たので、
今回は行かなかった。

東広島から尾道までは高速道路でショートカットした。
日が暮れる前に着いて、尾道の街並みに佇みたかったのだ。

尾道は、旅情を感じさせるいい街である。
家々がひしめき合った狭い坂道。
階段も多く、上から振り返ってみれば、
尾道の街並み、その向こうに瀬戸内の海も望める。
映画を撮るには格好の雰囲気と感じ、
まず間違いなく、寅さんの映画には使われたのではないか。

道は本当に狭く、車はまず入ってこれない。
階段が多いので原付や自転車もかえって不便だろう。
散策の途中、夕立みたいな強い雨が降ってきたが、
傘さえ真っ直ぐに立てられないほど狭い道まであった。
その狭い路地に、お寺がいくつも建っている。
三重塔まであって、尚のこと風情を醸し出していた。

住むにはいろいろ苦労もあると思うけど、
いつまでも残っていてほしい風景である。

尾道の風景を少し。
Img_4824 Img_4830

Img_4840 Img_4836



当然のことながら、
尾道といえば、尾道ラーメンだ。
これを食わずには立ち去れない。
ということで、食べた食べた。
3杯も。
4時間くらいのうちに3杯も食べて、
こんなことをしたのは人生初である。

あのね、尾道ラーメン、おいしいです。
俺はかなり好き。
「朱華園」、「つたふじ」、「みやち」と3店巡って、
どこもそれぞれ美味しかったんだけど、
僕は初めに行った朱華園がいちばん口に合った。
後の2店ももちろんおいしかったんだけど、
強いて選べと言われたなら、僕は朱華園だ。
尾道一の有名店とのことだったが、
味も本当に良かった。
070126_14570001 070126_14470001

スープは鶏ガラと魚ダシを使ってるんじゃないかな。
何からその味が出てるのかってことにはあまり関心がないので、
当たってるかどうか全然自信がないんだけど、そんな感じの味がした。
しょうゆ味で結構濃い目。
あっさりスープに背脂が入っているのが尾道の特徴だろうか。

特筆すべきは麺である。
5ミリ幅くらいの平たい麺だった。
あんな麺は初めて見た。
この麺が、スープと絶妙に絡んで、
僕はひと口ごとに、「うん、うん」と頷きながら食べた。
久しぶりにスープまで完食。
食べたのは710円のチャーシューメン。
値段もリーズナブルだ。
ラーメンは490円だった。
美味しいし、オリジナリティもあるし、
僕は大変良いと思った。

「つたふじ」もしょうゆ味に背脂の乗ったラーメン。
「朱華園」と人気を二分するお店らしいが、その理由も分かる。
こちらも美味しいのだ。
070126_17420001 070126_17320001
ただ、僕的にはちょっと脂が強過ぎたかもしれない。
でもあれはあれでうまかったなぁ。
値段が450円と安価。
この値段であの味が食べれるなら、僕は良いと思った。
通ううちに脂の件もクセになっていく気もするし。

「みやち」はまた全然違ったラーメン。
尾道は、大抵「朱華園」を模倣したラーメンが多いと
どっかのサイトで読んだけれど、
「みやち」はまるで別物だ。
070126_18060001 070126_17540001
味は、あれは豚骨醤油ではないか。
シンプルなラーメンだった。
こちらはさらに安く400円だった。
素晴らしい安さである。

さて、明日は福山城を見て、
昼過ぎには高松入りする。
高松は今旅中、三度目。
こんなに縁のある街とは思わなかった。
また大黒さまの家にお世話になる予定。
日曜日も大黒さまと一緒に行動し、
夜は高松のホテルに泊まろうか。

来週は、岡山、兵庫あたりを時間掛けて巡り、
そして週末には温泉ソムリエ仲間の旅芸人さんと初の合流をする!


« 1/25 日本一周200日目(厳島神社・錦帯橋・広島市) | トップページ | 1/27 日本一周202日目(尾道~福山~高松) »

コメント

おねいちん、ありがとう☆彡
牡蠣ね…食べれるかなぁ。
もう一回くらい試してもいい気はするけど。
お好み焼きに入ってれば食べれるかな。
でもやっぱり他の具材が良い気がする・・w

投稿: はむれっと | 2007年2月 4日 (日) 02時00分

さっき、タイムリーに岡山ネタ発見!と思ったんだけど、牡蠣なんだよ・・・
もし食べる機会があれば。http://portal.nifty.com/2007/02/02/c/index.htm

投稿: おねいち | 2007年2月 3日 (土) 11時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1/25 日本一周200日目(厳島神社・錦帯橋・広島市) | トップページ | 1/27 日本一周202日目(尾道~福山~高松) »