« 2/4 日本一周210日目(大阪市) | トップページ | 更新遅れてますが、近況です。 »

2007年2月16日 (金)

2/5 日本一周211日目(有馬温泉~和歌山)

☆今日の概要☆

・旅芸人さんと合流
・ケンタッキーフライドチキン食べ放題
・有馬温泉「金の湯・銀の湯・上大坊」(通算520湯目)

★本日の走行キロ 199キロ

☆今日のオススメ☆

・ケンタッキー小野原店(全国でこの店だけっ!)
・有馬温泉「金の湯」、「上大坊」

☆今日の詳細☆

朝、ミクシーでお友達になった旅芸人さんと伊丹空港で合流した。
旅芸人さんはプロの競輪選手。
僕とは「温泉ソムリエ」つながりである。

はじめに、なごみがネットで見つけてくれた、
食べ放題のケンタッキーフライドチキンに行ってみた。
全国にケンタッキーのお店は数あれど、
食べ放題をやっているのはこの店だけ。
大阪・箕面市の小野原店である。
Img_5034

フライドチキンだけでなく、
パスタやポテト、サラダなども食べ放題で、
さらにジュースも飲み放題。
Img_5028 Img_5029 Img_5033
1時間の時間制限で、料金は1050円。
ワクワクして気合入れて頬張った。

しかし、いかに食べ放題といえど、
フライドチキンはなかなか数を食べれるものでもない。
結局、値段相応くらい食べてお腹いっぱいになってしまった。

その後向かったのは、兵庫の名湯・有馬温泉。
旅芸人さんと一緒に巡るため、これまで寄らずに取っておいたのだ。
公衆浴場の金の湯、銀の湯の他、
「上大坊」という旅館が源泉掛け流しだと
旅芸人さんが調べてきてくれて、
結局有馬温泉だけで3ヶ所も温泉に入った。


また、源泉巡りを兼ねて温泉街をそぞろ歩き、
天神泉源や炭酸泉源などを見た。

天神泉源は、大きな湯釜の中から、
ボコボコと温泉の湧出する音が聞こえ、迫力がある。
Img_5055
不思議なことに、同じ敷地の神社に
僕らがお祈りを捧げた直後から、湧出量が増えた。
本当にあからさまに増えた。

炭酸泉源には飲泉場があり、
飲んでみると、鉄味の炭酸水だった。
Img_5066
けっこうピリピリ来て、
昔の人はこのお水に砂糖を入れてサイダー代わりに飲んでいたとか。
鉄の味さえ気にしなければそれなりにうまいだろう。

有馬温泉は赤茶色のお湯だというのは知っていたが、
「金の湯」に入ってみると、チョコレートみたいな色のお湯で驚いた。
大抵、赤茶色の温泉はもっと明るい色を呈しているものだが、
「金の湯」はまるで違った。
あんな色のお湯を見たのは初めてで、さすが日本三名湯のひとつだ。
ほんの数分入っただけで、汗がなかなか引かない。
冷え性の身には有難いお湯だった。
泉質は「含鉄-ナトリウム-塩化物強塩泉」。
Img_50371←金の湯の玄関

「上大坊」の源泉風呂がまた素晴らしかった。
天神泉源から直にお湯を引いているらしく、
「金の湯」にさらに輪を掛けたようなこげ茶色。
もはや泥水のような色の温泉だ。
Img_5083 Img_5087
湯口から注がれるお湯はまさに熱湯で、
味は強烈にしょっぱく、髭剃り痕にジンジン沁みた。
分析表を見るまでもなく濃厚この上ない温泉で、
こんな良い温泉に入ることが出来、旅芸人さんには感謝感謝である。
こちらも泉質名は「含鉄-ナトリウム-塩化物強塩泉」だ。

「銀の湯」は無色透明で、「金の湯」などに比べると、
インパクトに欠けるお湯だが、
しばらく入っているとだんだん体が重くなってくる感じがして、
あれは小さい頃によく通った「ラドン温泉」の感覚に似ていると思った。
少しの時間入っているだけで体がグッタリくるのである。
泉質を見ると、炭酸泉と単純放射能泉の混合泉。
恐らく後者の影響が強いのだろう。

Img_5069 ←銀の湯の玄関

有馬で湯めぐりをして、僕はすっかり疲れてしまった。
昨晩、仕事をやって寝不足だったせいもあったろう。
どうにも眠気には抗えず、途中で運転を代わってもらい、
和歌山に入るまでグッスリ寝てしまった。


旅芸人さんも温泉のHP&ブログをやってます↓
http://onsen-sommelier.web.infoseek.co.jp/indexpc.html


« 2/4 日本一周210日目(大阪市) | トップページ | 更新遅れてますが、近況です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2/4 日本一周210日目(大阪市) | トップページ | 更新遅れてますが、近況です。 »