« 2/6 日本一周212日目(和歌山市) | トップページ | 近況報告☆ »

2007年2月21日 (水)

2/7 日本一周213日目(和歌山~白浜温泉)

☆今日の概要☆

・和歌山ラーメン「○宮」
・龍神温泉「元湯」(通算523湯目)
・白浜温泉「民宿Aコース」(524湯目)

★本日の走行キロ 185キロ

☆今日のオススメ☆

・ラーメン「○宮」
・龍神温泉元湯
・白浜温泉

☆今日の詳細☆

龍神温泉へ向かう道すがら、
いかにも和歌山ラーメンっぽい店を通り過ぎたので、
わざわざ引き返して入った。
「○宮」(まるみや)というお店。
070207_12320001
(※この「○」というのは別に店名を隠してるわけではなくて、
「○」の中に宮という文字が入っている)

ネットで調べたら、「○宮」は和歌山ラーメンとしては
結構な老舗になるらしい。
ここでもチャーシューメンを頼んだ。
(ってかこの頃はほぼ100%の確率でチャーシューを頼む)
070207_12220001

どちらかというと、昨晩の「○イ」に近いかも。
井出商店ほどに際立ったとんこつではなく、しょうゆベース。
やはりこちらが本当の和歌山としてのスタンダードなのかも。
適度な脂っこさとスッキリしたしょうゆ、
細メンも程よい腰があっておいしかった。
和歌山ラーメン、おいしいです。
3店食べて、全部うまかった。

龍神温泉は山あいのひっそりとした温泉場。
Img_5118 Img_5124
島根県の湯の川温泉、群馬県の川中温泉と並び、
「日本三大美人の湯」に数えられる名湯だ。

温泉街入ってすぐの「元湯」に入湯した。
Img_5121
近代的な建物で、内湯2つに露天がひとつ。
Img_5129 Img_5132
小さい内湯の方は、源泉掛け流しのようだ。
当然、そちらに浸かる。

無色透明の「ナトリウムー炭酸水素塩泉」で、
柔らかくスベスベして、何となく女性的な印象を感じさせる温泉だった。
…もしかして、だから「美人の湯」なのかな。

もしかすると、美人の湯っていうのは、
「そのお湯に入ると美人になる(美肌効果がある)」という効能自体もさることながら、
「お湯そのものが女性的で美人」という意味なのではないか。
後者の方が詩的で、僕は好きだなぁ。
「温泉」という言葉の響きが持つ、
神秘的で不思議な意味合いを感じさせて良い。

車の音さえもまばらな静かな温泉場。
これが温泉の本来あるべき姿だと思う。
湯治って、温泉に入ることそのものにも当然効果はあると思うけど、
こういう静かな場所で日々を過ごす、ということに
非常に大きな精神的効果があると思う。
もっとも、僕が訪れたのは平日だったし、龍神温泉は有名だから、
休日には沢山のお客さんが訪れるのかもしれないけど。

僕の好きな東北の湯治場にも、
こんな雰囲気の場所が多い。
山形の肘折温泉や、南花巻の鉛温泉とか。

白浜温泉に着いたのは夜9時頃。
「民宿Aコース」という変わった名前の宿に泊まった。
民宿といっても規模は大きくて、
温泉付きのビジネスホテルみたい。
まぁ部屋は和室なんだけど。
LANも繋がったり、かなりの充実を見せていて、
僕は非常に満足した。

温泉は、循環も加温も加水も塩素消毒もしているのに、
ひどくツルツル感があって、良いものだった。
バイブラバス付きの内湯と、露天風呂があった。


« 2/6 日本一周212日目(和歌山市) | トップページ | 近況報告☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2/6 日本一周212日目(和歌山市) | トップページ | 近況報告☆ »