« 2/23 日本一周229日目(浜松市) | トップページ | 2/25 日本一周231日目(浜松) »

2007年5月 1日 (火)

2/24 日本一周230日目(浜松・掛川)

☆今日の概要☆

・青空めぐみさんと4年ぶりの再会
・なぜかお墓参りとご実家、親戚めぐり
・掛川市「まるか」(チャーシューメン)
・花鳥園
・掛川城
・浜松「餃子 喜慕里」(小定食)

★本日の走行キロ 0キロ(運転は全部青空さんにお任せ♪)

☆今日のオススメ☆

・ラーメン「まるか」(そば・うどん屋なのかも)
・花鳥園
・餃子「喜慕里」

☆今日の詳細☆

青空めぐみさんと4年ぶりに再会した日。
「久しぶり~」と笑顔で挨拶し合って、車に乗せていただいた。
愛犬のノンちゃんも一緒だった。

不思議な一日だった。
この日は、青空さんのお祖母さんを迎えに行くことから始まり、
お母さんのお墓参り、彼女のご実家に連れてってもらったり、
次には親戚のお家へお邪魔したり、
なんかまるで「僕たち結婚するんです」みたいな
報告にでも回ってるような妙な気持ちになった。
いや、青空さんと会うのもこれが3度目、しかも4年振りだし、
当たり前だが、全くそういう関係ではない。
なのにこんなことを書いてしまうのは青空さんに甚だ失礼なのだけど、
(僕のパートナーに対しても甚だ失礼だけど)
でも、何となくそんな風に思ってしまった。

青空さんに会う数日前から、
何となく彼女のお母さんのことが気に掛かっていて、
そんな時、彼女の方から「一緒にお墓参りに行ってくれない?」
と言われて、そのシンクロに驚いた。
きっと何か縁があるのだろうなと思っていた。

僕は去年の4月に3週間ほどインドに行って、
「モクシャ」という先祖供養のエネルギーを流せるようになっているので、
もしかしたらそれが関係しているのかもしれないと思った。
もし青空さんが良いと思うのであれば、
「モクシャ」をさせていただこうと思っていた。

お墓参りをして、彼女のご実家にお邪魔し、
親戚のお宅へもお邪魔し(何と老舗の羊羹屋さんだった)、
そのあとでお昼ご飯を食べた。

「まるか」というラーメン屋さん。
お蕎麦屋さんかもしれない。
かなり古い感じのお店だ。

「はむ君は、チャーシューメンだよね?」と
青空さんは笑って、注文してくれた。

あっさり醤油で、中太ストレート麺。
けっこうコシがあるしボリュームもあって僕は好きな味だ。
070224_13300001_1 
青空さんが半分くらい残したので、
もちろん遠慮なく頂いて、サクっと平らげた。

その後で、花鳥園というところへ連れてってもらった。
途中、モコモコとした茶畑をいくつも通り過ぎ、
「あ、俺は今、静岡にいるんだなぁ」と感慨深くなった。

花鳥園は、その名のとおり、
様々なお花であふれ、たくさんの種類の鳥が舞っている空間。
Img_566111
Img_566711

鳥はえさを持っていると肩に止まったり、
直接手の平からえさを持って行ったり、
とても賑やかな空間だった。

お次は掛川城へ。
「功名が辻」ゆかりのお城で、
平成になってから再建された新しいお城だ。
Img_56811
木造の再建天守である点が珍しい。
城内には、展示物などもほとんど置いておらず、
そのあたりも月並みな再建天守とは趣を異にしている。

掛川から浜松へ戻る途中で、お祖母さんとお別れした。
何と僕が仙台に帰るタイミングに合わせて、
新たまねぎを送ってくれると、言ってくださった。

夜は、浜松名物の餃子屋さんに連れてってもらった。
意外に浜松は宇都宮よりも、
年間の餃子消費量が多いのだという。
浜松に入る3日前くらいまで、全く知らなかった。

「喜慕里」というお店に連れて行ってもらった。
070224_19150001
店はかなりの混雑で、
僕らが食べ終わる頃には立って待つ人たちさえいた。
餃子の傍らにモヤシが乗っているのが浜松流らしい。
070224_18560001
当然ながらメチャクチャうまかった。

青空さんには忙しい中、丸一日付き合ってもらって、
お土産に、老舗の羊羹までいただいた。


« 2/23 日本一周229日目(浜松市) | トップページ | 2/25 日本一周231日目(浜松) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2/23 日本一周229日目(浜松市) | トップページ | 2/25 日本一周231日目(浜松) »