« 5/22 日本一周249日目(伊東市~下田市) | トップページ | 5/24 日本一周251日目(伊豆の国市~静岡市) »

2007年5月28日 (月)

5/23 日本一周250日目(松崎~伊豆の国市)

  ☆今日の概要☆

・石部温泉「平六地蔵露天風呂」(通算557湯目)
・日本一の大ダルマ
・土肥温泉「屋形共同浴場」(558湯目)
・修善寺温泉「筥湯」(559湯目)

★本日の走行キロ 113キロ

☆今日のオススメ☆

・平六地蔵露天風呂

☆今日の詳細☆

西伊豆の石部温泉にある平六地蔵露天風呂は、
何と24時間無料の岩風呂である。
海の桟橋のすぐそばにはあるが、眺望は効かない。
Img_59231

僕が朝風呂に行った時、
脱衣所におじさんがひとり腰掛けていた。
気さくなおじさんで、あちらから挨拶してきた。

からくり替え歌メドレーの
酒田さん(酒井さん?)にソックリの風貌であった。

この人、気さくなのはいいけれど、
とにかく話が長かった…。
30分以上も話していたのではないか。

温泉の話をしているうちはまだ良かったが、
いつの間にか船の話題になり、
船舶免許の話やら何やら、
まったく僕の専門外の話になった。
こうなると聞かされる方は辛い。
しかもこちらは湯船に浸かったまんまである。
頭はまるで上の空のまま、ほとんど適当に相槌を打った。

話が本当に止まらなそうなので、
僕は心中密かにインドの神様に
「すみません、この人の話が終わって、
 別の用事か何か思い出して、帰ってくれますように」と
お願いしてしまった。

それから5分あまりで、
おじさんは話を終わらして立ち去っていった。
ほほう、インドの神様、なかなかやるじゃないの。
ありがとうございました。
と心の中でつぶやきながら、
のぼせ気味の体を湯船から出した。

もう少しじっくりゆっくり露天風呂を楽しみたかったのだが…。
まぁ仕方あるまい。

土肥温泉に向かう途中で、「日本一の大だるま」の看板に誘われた。
入ってみると、5mを超える高さのだるまさんが。
「だるま」ではなく、「達磨禅師」だ。
Img_59241
達磨禅師って、西暦500年くらいの人だったのね。
全然知らなかった…。

堂ヶ島温泉は、食事をしただけでスルー。
伊豆半島は温泉が多すぎる。
とてもじゃないが、全部は入りきれない。
大滝・七滝温泉も天城の方の温泉も全て諦めた。

土肥温泉では「屋形共同浴場」に入湯。
070523_13460002 070523_13480001
すぐ目の前が砂浜だが、湯船に入りながらのオーシャンビューという訳にはいかない。
けれども、洗い場の窓を開けると、すぐ目の前に土肥の海が望めた。
温泉は共同湯だけに素晴らしく、苦味の際立つ良い湯だった。
どうも伊豆半島には、カルシウム分の強い温泉が多いようだ。

修善寺温泉でも、共同浴場の「筥湯」に入った。
070523_18310001
湯温が低い上に、循環も行っているようで、
温泉の質そのものに興味のある人にとっては、
物足りないお湯かもしれない。
が、浴室に浴槽に、ふんだんに木材を使った造りは、
風情を感じさせて良かった。


« 5/22 日本一周249日目(伊東市~下田市) | トップページ | 5/24 日本一周251日目(伊豆の国市~静岡市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5/22 日本一周249日目(伊東市~下田市) | トップページ | 5/24 日本一周251日目(伊豆の国市~静岡市) »