« 5/7 日本一周234日目(仙台~福島・楢葉町) | トップページ | 5/9 日本一周236日目(大子温泉~霞ヶ浦) »

2007年5月 9日 (水)

5/8 日本一周235日目(福島・楢葉町~茨城・大子温泉)

福島・楢葉町~いわき~茨城・大子温泉

☆今日の概要☆

・いわき湯本温泉共同浴場「さはこの湯」
・小名浜の「ららみゅう」にて、かにいくら丼を食べる。


★本日の走行キロ 162キロ



☆今日のオススメ☆

・「さはこの湯」


☆今日の詳細☆

今通ってきた道はホントにすごかった・・。
腹も減ったしどっかでネギラーメンでも食おうと思って、
茨城の高萩市から国道461号線に入ったんだが、
この国道、ラーメン屋どころか店自体一軒も無いような寂しい道だった。

それだけならまだしも、次第に民家さえ少なくなって、
とうとう街灯も何もない真っ暗な道路に突入してしまった。
途中、バックミラーを見るのがはばかられる様なトンネルを二つ通り抜けると、
道はさらに山奥へ……。

あまりの寂しさに、TMNの「RHYTHM RED」なんかを爆音で掛けながら、
車一台がようやく通れる山道(っていうか崖道)を
1時間くらい掛かって、何とか走り抜きました。

あれで不自然にCDの音が飛んだりしたら、ビビって気絶したかも。
日本中の神様が味方に付いてると言われても、
身に着けてる赤いミサンガは魔除けの力があるとか言われても、
怖いもんは怖い。
夜中にああいう道は極力通りたくない。

結局、ラーメンにありつくことは出来ず、
道の駅近くのセブンイレブンでコンビニ弁当を食べた。

あ、そうそう。
今僕がいるのは、「奥久慈だいご」という道の駅で、
日本三名曝の「袋田の滝」のすぐ近く。
大雑把にいえば、福島と栃木と茨城の県境あたりだ。
この辺には大子温泉、袋田温泉といくつか温泉がある。
明日の朝風呂はその辺から選ぶつもり。

昨日の晩は、興奮して全然眠れなかった…。
寝たのは朝方の4時くらい。
それまで悶々と寝返りを繰り返した。
やっぱり初日だからワクワクしてたんだろうな…。
そのせいで今日も出発が11時と遅くなった。

朝風呂にいわき湯本温泉の共同浴場「さはこの湯」に入湯。
料金は220円。
Img_58201
硫黄の強く香る、熱いお湯だった。
泉質は「含硫黄・ナトリウム-硫酸塩-塩化物泉」で、
59.7℃という、頼もしい湯温だ。

何となく、野沢温泉に似ているような気がしたけど、
あっちは「単純硫黄泉」だしなぁ。

しかし浜通りは温泉が少なく、
出てたとしてもほとんどが湯温の低い鉱泉なのに、
どうしていわきにだけ、こんなに熱い温泉が湧いてるんだろうか…。
しかもかなり古くから…。
不思議なもんだ。

これより先は、茨城、千葉と温泉の乏しそうな地域に入ってく。
多分、次に本格的な温泉に入れるのは…、箱根だろうな。
まぁ今は極楽湯とかの入浴施設がどこの都市でも充実してるし、
ちょっとした鉱泉や日帰り温泉くらいならきっとあるだろうから、
お風呂には困らないと思うけど。

お昼ごはんは、せっかく海辺にいるのだからと海鮮を食べた。
小名浜港の「ららみゅう」という、
「海の駅」みたいなレジャー施設で食べた。
かにいくら丼、1500円也。
070508_15360001

何で海の物ってこんなに高いんだろう?
その辺のステーキより高いって、何か信じられない。
たらふく食べられるわけでもないし…。
おいしいのは確かにおいしいけど、
肉を食べた方が精神的に満足感が得られる気がする。

初動が遅かったので、今日の旅らしいことはこれで終わり。
あとは夜まで仕事をやって、
冒頭に書いたおっかない山道を冷や汗たらして突っ走ってきて、
今に至る。

明日は、その辺の温泉に入って、袋田の滝を見る。
そのあと、「皇祖皇太神宮」という神社に行ってみる。
何でも、あの「竹内文書」にゆかりの深い神社らしく、
ヒヒイロカネと呼ばれる特殊な金属(別名オリハルコン)で
作った剣などをご神宝として奉っていたり、
アヤしいもの、不思議なモノ好きな僕としては
ビンビンに興味をそそられる神社なのだ。

もっとも、参拝自体はいつものように真摯に行うつもり。
この神宮でしか販売されていない書籍などもあるらしいので、
この機会に買って読んでみようと思う。


« 5/7 日本一周234日目(仙台~福島・楢葉町) | トップページ | 5/9 日本一周236日目(大子温泉~霞ヶ浦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5/7 日本一周234日目(仙台~福島・楢葉町) | トップページ | 5/9 日本一周236日目(大子温泉~霞ヶ浦) »