« 5/28 日本一周255日目(浜松~飯田) | トップページ | 5/30 日本一周257日目(駒ヶ根~飯島町) »

2007年5月31日 (木)

5/29 日本一周256日目(飯田市~駒ヶ根)

☆今日の概要☆

・殿岡温泉「湯~眠」(通算563湯目)
・川本喜八郎人形美術館
・「きりんの家」に宿泊

★本日の走行キロ 77キロ

☆今日のオススメ☆

・殿岡温泉「湯~眠」
・川本喜八郎人形美術館

☆今日の概要☆

長野県の南部は、温泉がかなり点在していながらも、
温泉本を見るに、なかなか源泉掛け流しは少ないように思われた。
そんな中から24時間いつでも営業している
殿岡温泉「湯~眠」という日帰り温泉を選んで入った。

ほとんど期待していなかったのだが、
僕の場合、期待していないと良泉に恵まれるのか、
「湯~眠」も素晴らしい泉質だった。

PH10とアルカリ性の強い単純温泉は、
無色透明ながら、手を入れた瞬間にツルツル感が分かるほど素晴らしい。
湯船の脇に源泉の貯め桶があり、お湯をよく見ると、
細かな白い湯の華が踊っていた。
源泉はあれは30℃くらいだろうか。

大浴場は熱い湯とぬるい湯に分かれており、
どうも伊豆下田の河内温泉・金谷旅館の千人風呂に入って以来、
僕は温泉の趣向が変わってしまったようだ。
ぬるい温泉の方が気持ちよく感じられるようになってきた。
もちろん、熱い湯あってこそのぬる湯なのだけど。

露天もちょうどいい具合にぬるい湯で、
ボンヤリしながら入っているうち、いつの間にか眠ってしまい、
気が付いたら30分以上、露天風呂に身を委ねていた。
手も足もすっかりふやけてしまった。

施設を出る時、飯田市の観光パンフレットが何種類も置かれてあるコーナーを
見るともなく見ていたら、
突如、諸葛亮孔明の姿が目に飛び込んできた。
昔NHKで放映してた人形劇三国志の孔明である。
「おぉっ!」とにわかに盛り上がり、
すぐさまパンフレットを手に取ると、
何と、ここから程近いところに人形美術館があるというではないか。
人形作成を担当した川本喜八郎氏の美術館だという。
なごみの家で、人形劇三国志を全話見た僕としては、
ここは行かなければならないスポットである。
こんな場所があるなんて、全く知らなかった。

美術館の人に聞いたら、僕が知らないのも当たり前だった。
オープンしたのが今年の3月末だったのだという。
こないだ2月末に浜松に来た折には、まだオープンしてなかったのだ。
しかし、なんという縁であろう。
「湯~眠」で偶然、孔明に出合わなければ、
僕はあっさり美術館を見逃して通り過ぎるところだった。

美術館はもう素晴らしいの一言。
あの人形劇を見たことのある人なら、
もう萌え萌えな時間を堪能できること間違いなし。
三国志で言えば、
張角を初めとする黄巾の乱から始まって、
董卓、呂布、貂蝉(つづり自信ない)、
そうして、曹操、劉備、孫権の各陣営と、
全部で数十体のそうそうたる面々が並ぶ並ぶ。
赤兎馬に乗った関羽、蛇矛を持った張飛、
白い軍扇を持った孔明、どれもこれも実に素晴らしい。
あ、もちろん、紳々に竜々もいた。
ここはとにかく、三国志ファンなら絶対訪れるべきスポットだ。
Img_59361 

グッズ売り場では、さらに僕の心をビンビンにくすぐるものが。
なんと諸葛亮孔明の、あの白い扇が売っているではないか!
高校の頃に「武安国」という名の友人に薦められて三国志を知るようになって以来、
孔明の扇がどこかで手に入らないかと、密かに思い続けてきた。
まさかこんなところにチャンスが転がっているとは!
値段は2900円だったが、迷わず購入した。
こういう子供心をくすぐられるものは、迷わず買った方が良い。
どうせ2900円なんざ、牛丼を10杯も食べれば消えちゃうお金なのだ。
右手に白い扇を抱えて、少し振ってみたりしながら、
ご満悦で車に乗り込んだ。
Img_59831  
これで一生遊べるだろうなぁ。

余談だが、こんな感じで、僕が欲しい物のひとつに、
座頭市でたけしが使ってた朱塗りの仕込み杖や、
西遊記で堺正章が振り回してた如意棒などがある。
はむれっとは結構、武器マニアなのだ。

夜は、「きりんの家」というヒーリングルームに宿泊。
どんちゃんという、不思議な力を持ったおじさんが中心になって
活動しているスペースだ。

僕もヒーリングを受けたり、
他のお客さんのヒーリングを、言われるままに手伝ったりした。


« 5/28 日本一周255日目(浜松~飯田) | トップページ | 5/30 日本一周257日目(駒ヶ根~飯島町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5/28 日本一周255日目(浜松~飯田) | トップページ | 5/30 日本一周257日目(駒ヶ根~飯島町) »