« 6/14 日本一周272日目(日光~伊勢崎) | トップページ | 6/16 日本一周274日目(宇都宮) »

2007年6月16日 (土)

6/15 日本一周273日目(伊勢崎~宇都宮)

☆今日の概要☆

・伊勢崎「常勝軒」にて、もりそばチャーシュー
・栃木温泉「湯楽の里」(通算586湯目)
・ただおみ温泉(587湯目)
・宇都宮餃子「正嗣」
・天然温泉極楽湯・宇都宮店(588湯目)

★本日の走行キロ 151キロ

☆今日のオススメ☆

・伊勢崎「常勝軒」
・栃木温泉「湯楽の里」
・ただおみ温泉
・宇都宮餃子「正嗣」

☆今日の詳細☆

伊勢崎「常勝軒」にて、もりそばチャーシューを食べた。
070615_11140001
ここは去年の9月に訪れた時にも立寄ったお店。
相変わらずメチャクチャうまい。
惜しむらくは、カウンターに置かれてあるニンニクが、
生じゃないこと。
あれが生だったら、もう二郎も真っ青の最強ラーメンになるのに。

栃木市にある「湯楽の里」が本日の1湯目。
上下に分かれた露天風呂の、上の部分が源泉掛け流しだった。
わずかに茶色を呈していて、匂いもちゃんと温泉のもので、
味は多少、鉄を感じた。

この頃はこういった、いわゆるスーパー銭湯でも、
温泉のしっかりした利用に努めているから、
入っても満足するケースが多い。

2湯目のただおみ温泉も、源泉掛け流し。
Img_61381
無色透明の単純温泉だから、飲んでも味はしないけれど、
お湯の匂いがやはり温泉そのもので、良かった。
湯船は、脱衣所の扉を開けると即、露天風呂になっている。

受付のおばあちゃんは今年84だと言ったが、
どうみても70くらいにしか見えなかった。
朝晩、毎日温泉に入っていて、
この15年、1日も休まず、働いているのだとか。
(もちろん、割り当ての出勤日を、ということだろうけど)
やはり、温泉には何か人の体を丈夫にする力があるのかもな。

宇都宮餃子「正嗣(まさし)」は何人かのお友達にオススメされて行ったお店。
本格的な餃子の専門店で、
何とライスやビールさえ置いていない。
メニューは焼餃子、水餃子のみ。

閉店時間ギリギリに行ったので、追加注文は出来ないとのこと。
普通の大人なら、3人前は食べれるというので、その通りに注文した。
070615_19590001

この店、マジでうまいです。
シャクッとする皮の歯ごたえがたまらず、
一個口に運んだら、もう止まらなくなった。
あれよあれよと言う間に3人前18個を完食。
大して腹が空いていたわけでもなかったが、それでも足りなかった。
あと2人前は軽く行けただろうな…。
1個1個が小さいってのもあるかもしれない。
一番大きいのは、ご飯が無いってことだと思うけど。
1人前170円はメチャ安でしょ。
はむれっとも、「正嗣」を強烈にオススメしておきます☆

3湯目は宇都宮市内の「天然温泉極楽湯」。
循環塩素消毒などやっていて、温泉らしさはほとんど感じなかったが、
それでも湯上りは肌がツルツルした(入っている時は分からなかった)。
「弱アルカリ」というだけでも、効能はあるのかもしれない。
(いや、アルカリがどうこうじゃなくて、ナトリウムの多さなのかな…。
 その辺の泉質の細かいことはちょっとまだ分かりません)


« 6/14 日本一周272日目(日光~伊勢崎) | トップページ | 6/16 日本一周274日目(宇都宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6/14 日本一周272日目(日光~伊勢崎) | トップページ | 6/16 日本一周274日目(宇都宮) »