« 6/17 日本一周275日目(喜連川→会津若松) | トップページ | 6/19 日本一周277日目(これにて日本一周完結!) »

2007年6月19日 (火)

6/18 日本一周276日目(会津若松~山形・大江町)

☆今日の概要☆

・「会津本郷温泉 湯陶里」(通算594湯目)
・喜多方ラーメン「坂内食堂」
・「日中温泉 ゆもとや」(595湯目)
・米沢ラーメン「熊文」
・「長井あやめ温泉 桜湯」(596湯目)
・「朝日町 りんご温泉」(597湯目)

★本日の走行キロ 187キロ


☆今日のオススメ☆

・喜多方ラーメン「坂内食堂」
・「日中温泉 ゆもとや」
・米沢ラーメン「熊文」
・「長井あやめ温泉 桜湯」
・「朝日町 りんご温泉」

☆今日の詳細☆

日本一周の旅に出てから、明日でちょうど1年。
そして明日でその旅が終わる。
今夜が最後の車中泊だ。

今いるのは、山形県寒河江市の西、大江町の道の駅。
最後だからか、エアエッジもちゃんと活躍してくれてる。

旅が終わるという実感がまるでない。
寂しくもなければ達成感もない。
いつもの夜と同じように、淡々とこの日記を綴っている。

しかし、よく挫折せずに2百何十日も旅日記を更新してきたもんだ。
2月頃には2週間遅れとかもあったけど、
それでも頑張って乗り越えた。
まぁかなりお座なりな日記になってたとは思うけど。
曲がりなりにも物事を継続させる力が、自分にはあるんだと分かった。

さて、今日はきっちり4つ温泉に入った。
「会津本郷温泉 湯陶里」、「日中温泉 ゆもとや」、
「長井あやめ温泉 桜湯」、「りんご温泉」と。
これで通算入湯数も、597となった。
明日3つ入れば、600湯達成だ☆

「会津本郷温泉 湯陶里」は、スタンダードな日帰り温泉。
お湯は個性を感じるものではなかったが、
地元の人の憩いの場となっているあたり、好感が持てた。

「日中温泉 ゆもとや」は、日本秘湯を守る会の会員にもなっている宿。
Img_618011
目の前に日中ダムがあるほかは、周りに本当に何もない。
露天風呂のひとつが源泉掛け流しで、
茶褐色のお湯が木風呂に満ち満ちていた。
Img_61771
炭酸成分を含有しており、飲んでももちろん感知できたし、
湯口付近では、「シュワーシュワー」と炭酸のはじける音も聞こえた。
ぬる湯で良いと思った。
内湯には源泉を循環させたお湯が入れられていたが、
循環させるとここまで温泉が変わるのかと初めて思い知った。
Img_61791
源泉とは違い、お湯の色もわずかに黄色を呈しているだけだし、
飲んでみてもほとんど味がしなかった。
こうして比べてみると、やっぱり源泉の方がいいなぁ。

「長井あやめ温泉 桜湯」も源泉100%の温泉。
Img_61811
岩風呂の内湯に茶褐色の「ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉」。
美肌+あったまりの湯で、ここも温泉好きなら満足の行く一湯だと思う。

「りんご温泉」は、個人的にはこの日いちばんのお湯だった。
施設の掲示板には「東北でも珍しいPH8.6の強アルカリ」と説明があったが、
8.6では強アルカリとは言わないだろう。
かといって、いくつくらいから「強アルカリ」といっていいのかも分からないんだが。
恐らくPH10あたりではないかと思うのだが。

アルカリ云々より、「りんご温泉」は入った感じが素晴らしい。
非常にツルツル感が強くて、お湯は茶色というか緑というか、
「りんご温泉」の名の通り、
りんごが10個くらい湯船に浮いていて見た目にも楽しい。

窓からは夕闇迫る朝日連峰(たぶん)を眺めることが出来た。
藍色の空に、可憐な三日月が浮かんで、
すぐそばに同じくらいの明るさで輝く星がお供していて、
あれは金星だろうか、見ていてとても気持ちよかった。

600湯に選んだのは、山形市の臥龍温泉。
ね、名前がいいでしょ?
臥龍っていったらあんた、諸葛亮孔明じゃないの。
だからと言って、俺が孔明だなんて言いたいわけじゃないけどw

ある人にこんなことを言われた。

「日本の国の形って、龍が眠ってる形をしていて、
それが今世紀(?)に目を覚ますらしいんです(この辺ちょっと記憶が曖昧)。
もしかして、はむさん、
あちこちの神社にインドのエネルギーを流してって、
龍を起こす作業をやってたんじゃないですか?」

そんな話をされて、
「まさかそんな」なんつって、笑ってたんだけど、
そんな話があるんなら、
旅の最後に入る温泉が、「臥龍温泉」ってのも
それはそれでシンクロっぽくて面白いななんて思ってみたり。

もちろん、最初に選んだのは
単純に臥龍=孔明だったからなんだけど。

まぁとにかくそういう訳です(なにがじゃ)

今日は結局、喜多方ラーメンも米沢ラーメンも両方食べました。
喜多方はまたもや「坂内」でネギチャーシュー、
070618_13130001
米沢は「熊文」で中華そばを。
070618_17170001 070618_17000001

「坂内」はツアー客が一気に入ってきて、
GWさながらに混んでて、ちょっとびっくりした。
味はやっぱりうまい。ここはもう鉄板だからなぁ。

熊文は、あっさりしょうゆに米沢らしい縮れ麺。
あれはとんこつと鳥の半々くらいのスープなんだろうか。
素材のことはちょっと分からない。
味的に何となく、高山ラーメンに似てる気がした。

こんな風にラーメンのハシゴをすることも、
もうないだろうなぁ。
さすがに無理してるのが自分でも分かるからなぁ。
あと、これをやると一気に体重が増えるw
佐野ラーメンの時なんて、1日で2キロ近く太っててビビった。
2日後くらいにはまた元に戻ってたけど。

さて、明日はいよいよ旅のラスト。
去年の6月19日、温泉の神様たる湯殿山神社への参拝からスタートした日本一周。
旅の終わりもまた、湯殿山神社で締めくくる。

神妙な一日になるかな。
感慨深い一日になるかな。
なごみのお土産に、さくらんぼを買って帰るの忘れないようにしないと。
桜桃忌にさくらんぼ買って帰るのも、乙なもんだよね。


« 6/17 日本一周275日目(喜連川→会津若松) | トップページ | 6/19 日本一周277日目(これにて日本一周完結!) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6/17 日本一周275日目(喜連川→会津若松) | トップページ | 6/19 日本一周277日目(これにて日本一周完結!) »